防災の日 もしものときに備えましょう

 

今日から9月がスタートしましたねmaple

 

9月1日は「防災の日」

 

防災

 

 

関東大震災にちなんで9月1日に制定されたそうです。

皆様のお家は地震や大雨など「いざ」という時のために備えていますか?

 

今年の夏を振り返ってみると、   東北地方を中心とした大雨による河川の氾濫や、東北~関東地方で起きた震度4~3程度の地震など、様々な災害が起こっています。

 

起こってからでは遅い「その時」のために日頃から自分のお家をチェックしましょう!   「備えあれば憂いなし」ですよshine

 

 

 

1.地震に備えましょう

阪神・淡路大震災におけるの死因の第一位は建物倒壊による頭部損傷、内臓損傷など圧迫死。   特に家具・家電の倒壊による圧迫死が多かった言われています。

 

家具に耐震マットや突っ張り棒をつけたり、L字型金具で固定するなど転倒防止対策をしましょう。

 

特にテレビやパソコンなど最新式のものは、薄型化しているため不安定なので耐震マットなどで固定するようにしましょう。

 

箪笥の引き出しや開き戸なども飛び出し防止器具を取り付けましょう。

 

簡単なものでしたらホームセンターや通販でグッズを買い揃える事ができます。

 

突っ張り棒や耐震マットは単独で使うのではなく合わせて使うことでより高い効果を発揮します。

 

 

家具の固定

 

 

 

強度の高さではL字金具で固定するのがオススメですが、壁の素材によってビスが効かないなど、専門的な技術が必要な場合もあります。

 

また、自分の家は地震に耐えられるか不安・・・という方は、この機会に耐震補強工事などの耐震補強リフォームも考えてみてはいかがでしょうか。

 

耐震リフォームの具体的な内容は、基礎や壁の補強、腐朽している箇所の修繕、屋根の軽量化などのことです。

 

お家の状態により価格が異なりますので、まずは耐震化診断からはじめましょう。

 

自治体によっては、建物の耐震化診断や改修に補助金が出る制度もございます。

 

高崎市の場合   http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2016092500012/

 

前橋市の場合   http://www.city.maebashi.gunma.jp/jigyousya/370/373/p002740copy.html

 

転倒防止のための家具の固定や耐震リフォームなど、是非弊社に一度ご相談下さい。

 

思い出の家やお気に入りの家具が凶器にならないように気をつけましょう!

 

 

2.火事に備えましょう

日頃から身のまわりの整理整頓をすることがポイントです。

 

家の周りに新聞紙・雑誌など燃えやすいものを置くのは止めましょう。

 

放火される原因にもなります。

 

電化製品のたこ足配線はホコリがたまりやすく、発熱により火災につながる恐れがあります。要注意です!

 

寝具やカーテンなど防火製品にすれば、燃え広がりにくいので安心です。

 

消火器や住宅用火災警報器を設置することも重要です。

 

平成18年6月1日から新築住宅には火災警報器を設置することが義務化されています。 (群馬県の場合、既存住宅は平成20年6月1日から設置が義務化されています。

 

http://www.pref.gunma.jp/05/a5510071.html )

 

火災警報器

火災警報器を設置することで煙や熱を感知し、火災の発生を知らせてくれるので逃げ遅れを防ぐことができます。

  警報機によって火事を早期発見できるので、家や家具へのダメージも少なくて済みますね。

3.ハザードマップ&防災グッズをチェックしましょう

 

皆さんは自分が住んでいる地域のハザードマップを見たことはありますか?

 

ハザードマップはもしもの時にどのように行動すべきか示す重要なものです。

 

ハザードマップは、各市町村のHPから確認できることが多いです。

 

国土交通省ハザードマップポータルサイト が便利ですよhappy01   http://disaportal.gsi.go.jp/index.html

 

いざというときに見れないと困るので、プリントアウトするなどして一家に一枚用意しておきたいですね!

 

防災グッズも定期的に見直しましょう。  

 

Print

 

 

当たり前のことですが、水や非常食は賞費期限があるので忘れずにチェックしてください。

 

まだ用意してない!という方はこちら↓↓↓   家庭用・外出時用・会社用などNHKさんのサイトにわかりやすく載っておりました!

 

http://www.nhk.or.jp/sonae/goods/index.html

 

是非参考にしてみてはいかがでしょうか?   災害時に外出していて家族がばらばら・・・なんていうことがないように、家族の待ち合わせ場所や連絡方法を決めておくと安心ですね。

 

自分達で準備できるものは早めに備えておきましょう。

 

耐震リフォーム・火災報知機の設置など専門的な技術が必要なものは、是非渋沢テクノ建設のリフォームにご相談下さいませ。

 

phoneto 0120-39-4230 mailto http://www.shibusawa-reform.com/contactus