耐震リフォーム

耐震リフォーム
1981年以前に建てられた建物は耐震リフォームをおすすめします。
その理由は、1981年に耐震基準が大きく変わり、以降に建てられた建物が高い耐震性を備えているからです。
逆に1981年以前に建てられた建物は、施工不良ではありませんが、元から大地震などを想定していない基準で建てられているため、耐震性が低い建物が多く存在します。
お家の傷みは見えない所から始まります。一度、お家を検査するだけでも意外な危険が見つかるかもしれません。
お家を強くすることは、住む人の安全を守ることになります。

耐震リフォームの種類

基礎の補強は大掛かりなリフォームなので費用も高く、家具や内装などを全て撤去して行うので時間も掛かりますが、その分耐震性は大きく改善します。
before1
基礎の補強
vertical1
after1
基礎の補強
壁の補強はかならず壁自体を交換しなければならないという訳ではありません。
既存の壁を利用して耐震性を高める方法もあります。
before1
壁の補強
vertical1
after1
壁の補強
家の木材などを接合している部材や柱などは、劣化や害虫の影響で傷んでいることがあります。
それらを新しい丈夫な部材に変えることで、耐震性が改善されます。
他の耐震リフォームに比べると安価な上に短時間で行えます。

部材の交換


渋沢テクノが選ばれる理由

 

お客様の声
おすすめ商品
お問い合わせ

 

シブテクのリフォーム
シニアリフォーム

 

店舗リフォーム
耐震リフォーム
賃貸住宅リフォーム
健康リフォーム
暮らしリフォーム